人工ボディ、3D造形モデル、歯科技工のアヘッドラボラトリーズ
ご不明点並びに資料請求はお気軽にお申し付け下さい。

お問合わせフォームへ
募集中!技術者、歯科技工士、事務、営業、その他、お気軽にお問い合わせください。  

 
お問合わせフォームへ
 

所在地

日本 本社
 〒104-0033
 東京都中央区新川1-2-14
 ユニゾ新川一丁目ビル(フェスかやば町)3階
 TEL:03-3537-2772
 FAX:03-3537-2789
 Email:info@ahead-lab.com
  アクセス


米国 本社
 2611 GRAND SUMIT TORRANCE .CA.90505
 TEL&FAX 310-326-7080


 
歯科技工・インプラント
精密歯科技工技術とは

持って生まれた歯が虫歯や膿漏により無くなった部分を歯科医師の指示に従ってセラミックスや金属を使って歯を修復する精密技術のことです。
古代インカ帝国より石や木を使って修復した形跡が見らます。
現在の歯科医療は、高いレベルに達し1965年以降、第三の歯と言われるスウェーデンで開発された人工歯根チタン製が、世界中で爆発的成長を続けております。
しかし、なにぶんにも髪の毛一本、米粒一つ入っても不快な思いをするお口の中です。歯科修復物の製作には、高度な精密技術が要求されます。
当研究所では最新テクノロジーをいち早く取り入れ妥協のない製品を作製するよう“日夜ミクロの世界”に挑戦し続けております。

※歯でお困り方、人口歯根に関しましてもお気軽にお問い合わせ下さい。
日本全国の優秀な歯科医師をご紹介させて頂きます。
 
 

インプラント

 インプラント治療とは、顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、骨と結合させた上で、その上に人工の歯冠を装着する一連の治療をいいます。失われてしまった天然の歯を補うための治療方法のひとつです。

弊社では、ノーベルバイオケア社はじめ、ストローマン社、ジーシー社、アストラテック社、カムログ社、スリーアイ社等、様々なインプラントメーカーに対応しております。
機能性、審美牲を求め、安全で安定した製品を提供できるよう、社員一同日々研鑽を積んでおります。
症例ごとに技巧物製作の進め方が異なってきますので、くわしくはお問い合わせをお願いいたします。
 

▲PIBフレーム
 

CAD / CAM システム

 弊社では、より精巧・精密で安全な補綴物を製作するためCAD/CAMシステムを導入しております。
CAD/CAMシステムとは、スキャナーで模型を読み取り、コンピューター上で設計したデータを切削加工機に送り、ジルコニアやチタン等、ブロック状の材料からクラウンやコーピング、インプラント上部構造のフレーム等を削りだす方法です。
ノーベルバイオケア社・プロセラシステム、GC社・GN-1を採用しております。
 

▲プロセラシステム・ジェニオン    
 

ジルコニア

口腔内においてジルコニアは、金属アレルギーや腐食が起こらない安定した生体材料であり、金属よりも硬く、変色しない素材です。また、光を透過するので審美性に大変優れています。
金属の代わりにジルコニアを使用することで天然の歯との調和がとれ、自然で美しい口元の回復が可能です。
  
▲透過性の良いジルコニアクラウン   
 

キャスタブル・セラミックス - e.max press -

 近年の貴金属高騰につき、オールセラミックスの需要が高まっております。中でもキャスタブルセラミックスは、コストパフォーマンス性の良さから非常に注目を集めております。
弊社では、Ivoclar Vivadent社のIPS e.max pressシステムを導入しております。

IPS e.max press製品はこちら
 
 

顎 補 綴

 先天的、または手術や事故による口腔内の欠損箇所を、咀嚼だけでなく発音や嚥下を目的として治療するための補綴物です。
顎義歯の他、スピーチエイド、舌接触補助床(PAP)、軟口蓋挙上装置(PLP)などがあげられます。

弊社では、口腔内において広範囲のがん治療後の審美回復のお手伝いとして、エピテーゼ部門と連携して、顎補綴による機能回復を行うこともございます。

顎補綴について詳しくはこちら
 
 

ご不明点並びに資料請求はお気軽にお申し付け下さい

TEL:03-3537-2772 Email:info@ahead-lab.com お問い合わせフォーム
 
 症 例

 臨床症例をご紹介します。
 

先天的歯牙欠損症例


外科担当 DR,PETER K.MOY
補綴担当 PROF,JOHN BEUMER III
技工担当 TAKESHI TAK. TSUNEKUNI, C.D.T
 

フィックスド ポーセレン ブリッジ 下顎骨再建症例



外科担当 DR, PETER K.MOY
補綴担当 PROF,JOHN BEUMER III
技工担当 TAKESHI TAK. TSUNEKUNI, C.D.T
 

フィックスド ボーン アンカード ブリッジ


外科担当 DR, PETER K.MOY
補綴担当 PROF,JOHN BEUMER III
技工担当 TAKESHI TAK. TSUNEKUNI, C.D.T
 

オバーデンチャー 下顎骨再建症例


 


外科担当 DR, THOMAS J. HAN, D.D.S
補綴担当 DR. SOON HO HONG, D.D.S, PH. D.
技工担当 TAKESHI TAK. TSUNEKUNI, C.D.T
 

上顎骨削除 オーバーデンチャー症例


外科担当 DR,PETER K.MOY
補綴担当 PROF,JOHN BEUMER III
技工担当 TAKESHI TAK. TSUNEKUNI, C.D.T
 


補綴担当 DR. STEVEN LEWIS, D.M.D.
技工担当 TAKESHI TAK. TSUNEKUNI, C.D.T